仕事納め

12月中盤から本当に忙しかった・・・。
その仕事納めがド年末の撮影。


実は音楽業界は年末年始こそ忙しい。
大きな歌番組が次々あり、カウントダウンライブも目白押し。
トップを走るアーティストに関わる人は昼も夜もない。

一線引いたんで、そんな年末予定に無関係だった私だが、仕事納めの
撮影になってしまい、ドタバタの最後にふさわしいドタバタだった。
ド年末に空けてくれるスタジオ、ド年末に届けてくれるケータリング。
そんなのを探すのもキツかったし、6時のスタジオ入りはこの歳には
もーキッツイわあ。



初めてのプールスタジオ。
転落事故がマジでシャレにならん造りなので、スタジオの人には
くれぐれもプールのヘリでは作業しないよう言われ、なかなかどうして
気を遣う。
プールスタジオ1




プールに浮かべる用の花。花びら散らしての撮影。
平均年齢14歳の瑞々しい可愛らしさにピッタリ・・・って予定だったが
「俺が用意する」と言っていたスタッフが、信じられんことに用意を
忘れるハプニング。朝の7時に花買いに行かされた。近くに、早朝から
開店してる大型スーパーがあって助かったよ。あった花での間に合わせに
なってしまったけど、まあなんとかなった。
プールスタジオ2




それにしても、で思う。
来春デビューの子達だけど、やっぱり可愛い。
顔じゃなくて、持っている雰囲気がね。華があるってこういう
こと。キレイな服を着て、キレイなヘアメイクをして、眩しい
ほどのライトを浴びてそうすると、元々の華は開いていく。
多くの少女がここを夢見るけどここに辿り着く子はやっぱり
違うと思う。顔が可愛いことと視線を惹きつけるキラキラは
イコールではない。表情が、言葉が、感性が、カメラを
スピーカーにして、視覚的に如実に出る。


大手事務所の鳴物入りデビューなので、事務所社長も直々に撮影に顔を
出すとのことで、事前に聞いてはいたけど、いつ来るか正確には
わからない社長出迎えのための(?)役員お偉いさん連が、朝っぱら
シュート開始時には勢揃いでいっぱい居て、スタジオが狭いの何のって。
最初からではなく、昼ぐらいの3カット目あたりのシュートで、社長は
やってきたけど、ほんの10分ぐらい顔出して、出て行った。その後は
役員のオッチャン達も出て行ったので、スタジオは一気に空いた。
いったいなんだったんだ。



予定より2時間ぐらいおした撮影で、今年のお仕事終わりました。
プールでのカットで大量にむしった花びらが、結構あまったので
お持ち帰りでフラワーバスにしてみた。や~ん、キレイ。
めっちゃ、いい香り。
バラ風呂1


はあ、ゴクラクゴクラク。
バラ風呂2



こうして私の今年の仕事は終わった。
また来年もガンバロねばっと。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事日記
ジャンル : ビジネス

師匠も走るほど忙しいから師走

・・・とは言うけれど。


閑職のはずがモロクソ忙しい。



「プロデューサーからはOKもらっていたのに、レーベルがNGで
許諾が下りないなんてありえねえ」「発売延期ですか?
月曜日から印刷かけないと納品間に合いませんよ。どの段階で
決断するか、今日決めてください」「本人にまだ何も言って
いないから、もうちょっとだけ待ってーー」


「カメラマンドタキャンって聞いたことない。来週出国なのに、
今から来週ヨーロッパ行ってくれる人なんて無理無理無理」
「居ても選べないよ。行ってくれる人に頼むしかないよ。
作品借りて本人プレゼンする時間ないからね。」


「え?何?も一回言って。こないだ<某番組>に出ていた箸職人に
デザイン頼みたいって本人が?ジャケットのデザインなんか
したこと無い人に?あり得ないから。無謀過ぎ。本人説得
してください。」


「木更津のスタジオってだけでも無理あるのに、7時からしか
入れないスタジオだし、シュート早くて9時からなのに、
12時にハケさせるなんて無理ですー。撮り終われない。せめて
都内のスタジオにするか、翌日のゲネと予定テレコにして
もらってください。」


「え?本人ノロ?で、PV撮影延期?え~~~、年内納品どうなんの?」


「半蔵門で撮影は17:30でバラしで、ここ過ぎたら本人確認できない。
なんとか間に合わせて。え、間に合わない?そのあとは本人オフ
なんだけど、代官山だから、とりあえず、代官山の駅行って
あとはマネージャーに連絡させるから、とにかく向かってー追ってー」



なんだか祭りになっていた内容をかいつまみピックアップ。
こう書くといろいろあったなあ。なんつーか、毎日が事件だった
気がする。さらにさらに・・・


「ねー、chibaaaaanちゃんのとこ、今年はクリパしないの?」
「行きたーい」「私もー」

昨年ドタキャン連投されたのとは裏腹に、昨年度のクリパ写真を
参加者SNSで見ていた方々から開催リクエスト。昨年はどちらかと
いうと私がやりたかっただけなんだが、今年はね、仕事もだが、まだ
ここに記していないCLAいじり(乞うご期待☆)で、部屋はカオス
だし、やることいっぱいで結構、それどころじゃなかったのだけど、
カオスな部屋を一掃する期限にもすることして、クリパ2013開催を決定。
クリパ2013
なぜか今年のメンツは酒豪揃いで、ボトルが空くわ、空くわ。
ウチの自慢の酒棚から、どれ飲むか楽しみに選ぶような来客は
初めてだったから面白かった。



クリパが終わり、単に折り返し時点で、“だった”の過去形でもなく
1月末まで続く、今度は期末仕事の忙しさが既にわかっているし、
なんだか妙に長い今年の年末年始休暇を無駄にしない工事資材の手配と、
毎年のお仕事の親戚関係の年始の挨拶系の手配と、現在進行形の
忙しさだけど、こうしてやっとブログ更新してるだけちょっと余裕
出たかしら?


今日はメリークリスマス。
街のキラキラとは裏腹に、年末のキビシイ納期のドン詰め仕事を
しているみなさん、素敵なクリスマスを、それが難しくても
清々しい年明けを迎えられますように。


取引先のサンタさんがケーキを持って来てくれました。ちょっとほっこり。
差し入れケーキ
今年もあと数日だゾ、みんなガンバレー。

テーマ : 日常雑感
ジャンル : ブログ

犬に芸を教える ~上級編~

では、続いて、道具を使う上級編ですが、道具とコマンドを一致
させるってのは、道具に親しみを持ってもらう必要があるので
何段階かの、ワンの閃きが必要です。

ジル子の大技はこの輪くぐりなんですが、なんちゅーことない
クビレに最適!な、普通のフラフープです。



私のダイエット用品でしたが、なんだか使えそうに
見えたので、輪くぐりできたら面白いからやってみよ~、って
始めました。ですが、最初はフープを威嚇して吠えまくり。
どうにもジルには怪しい物体にしか見えなかった模様。
あまりにも拒否って吠えるので、ダンナに「無理じゃないか?」と
言われたのが、逆に私の教育魂に火を着けた。ジル子はデキル子よ。
おりしもお盆で台所カウンター作成中だったんですネ。ダンナが
汗する間、ジル子さんも集中特訓で汗してましたW。


とにかくまずフープを威嚇するのをやめさせる必要があったので
その警戒心を解くため、フープの真ん中にフードを置き、そこで
フードを食べさせ、そうしていくうちに、フープに吠えない、
輪の中に入っても落ち着いていられる、って状態に持ってきて、
続いてフープをくぐらせるって工程を踏みました。そしてくぐる
フープの高さを徐々に上げていき、跳ばせる、って段階に。


もう、跳べるようになったらこっちのもんですね。
イタグレは跳ぶ生き物。フープはくぐって跳ぶもの、跳んだら
いいことある(フードもらえる)もの、と、ジル子は認識し
工事後半でついにダンナのコマンドでも跳ぶようになりました。
拒否り方が極端だった分、ダンナ感動。そして今に至ります。




披露できるような芸らしい芸は今のところこれだけですが、
ジル子さんは新たな技も現在進行中で練習中です。あくなき挑戦は
続きます。来年の今頃にまた公開できているといいんですけどね。

命令に忠実じゃないサイトハウンドのイタグレでもこれだけ習得
できるんですから、もうちょっと集中力のある犬種だったら
可能性無限大。これを読む皆様もあきらめずゆっくりとで、
ゴハンタイムを遊びタイムにシフトし、ワンコとの
コミュニケーション深めるつもりでやっていくと、1年後には
結構な大技習得できると思います。継続は力なり。
なんたって、ワンコは生まれながらの芸人ですから。
ジルはCM出演依頼いつでも受付中ですWWW。





続きを読む

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

犬に芸を教える ~中級編~

続いて中級編です。


JUMP(ジャンプ):ジャンプする
サイン:両膝を叩く(※写真は片手ですが両手でです)
コマンド・ジャンプ


イタグレの高い跳躍力は芸的な要素にもなりますが、なによりイタグレは
「待て」が難しい犬種なので、コレができると「待て」に近いというか、
結果的に捕まえることになるので、「待て」代わりに習得させると
いろんな場面で役立つと思います。そもそも跳びたがりなので、勝手に
跳んだら叱る、「JMAP」で跳んだらウケる、で、覚えるかと思います。


TURN(ターン):回れ
サイン:ジルを指差してその指先を回す
コマンド・シット


最初は「ターン」と言いながら強引に回して構いません。
回す→クリッカーカッチン☆→ご褒美、が続くとそのうち勝手に回って
「こう?」とでも言いたげな表情向けてきます。イタグレは
吠えない犬種なので難しいんですが、イタグレ以外の犬なら
“3回まわってワン”がリアルにできるようになると、面白い
芸になると思います。



BANG(バーン):やられた~
サイン:拳銃に見立てた指先を向ける
コマンド・BANG


わりとポピュラーな技ですが、不動で面白い。これも同様に強引に
「バーン」と言いつつ寝転がして、寝ころぶ→カッチン☆→ご褒美、を
繰り返すと、そのうち勝手に転がってくれます。




FETCH(フェッチ):持って来い
サイン:持ってくるモノを指差す
コマンド・フィッチ


投げたもので遊ぶ子が多いので、いきなりできる子も居ますが、
ちゃんと「WAIT(待て)」させた上でさせるとよいかと思います。




ひとつできるようになると、案外立て続けに覚えてくれます。
これら映像観てもわかるように、ジルは尻尾プリプリ振ってる。
飼い主とのコミュニケーションが楽しいんです。とにかく根気。
気長にワンにつきあって、習得させてあげてください。
楽しいコミュニケーションのひとときになりますよ。





続きを読む

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

犬に芸を教える ~初級編~

“犬に芸を教える”って、以前に、コマンド(命令)を
理解する犬にする必要があります。その延長線上に“芸”が
あるので、基本コマンドをマスターした上で、“芸”に
進むとよいと思います。




SIT(シット) : おすわり
LIE DOWN(ライダウン) : 伏せ
STAND(スタンド) : 立て

が、chibaaaaan家では基本コマンドです。他にも教えていますが
何するのにもまずこれ、なので、こちらをマスターさせてください。
日本語だと時と場合によって言い方がバラバラになってしまう
ことがあるので、コマンドは英単語で統一しています。この
音での命令と、手を使ってのサインで、コマンド(命令)を
出します。統一することで、犬が混乱せず理解しやすいので、家族で
統一サインを決めておくとよいと思います。下記はchibaaaaan家での
コマンドです。


「シット」
サイン:ジルを指差す
コマンド・シット


「ライダウン」
サイン:掌を下にして手を下げる
コマンド・ダウン



「スタンド」
サイン:掌を上にして手を上げる
コマンド・スタンド



基本中の基本の「シット」は、子犬のときからこの状態してないと
食事以外のオヤツとか、遊ぶとか、ジル子にとっての楽しいこと
絶対にしてこなかったので、ジル子はお座りしながらジッと見る、
とゆーのが、おねだり基本ポーズになりました。要求は要求でも
傍目にはとってもお行儀よく見える犬になるので、犬にとっての
嬉しいことをするときに徹底して「シット」させるのは、おススメです。




これらをマスターしたら、初歩の芸に進むとよいと
思います。下記、初級編の芸です。



TOUCH(タッチ):ハイタッチ
サイン:掌を犬に見せる
コマンド・ハイタッチ


“お手”を教えてしまった犬にはかえって難しいかもしれません。
(ジルは教えていないので“お手”できません)。犬の前脚を持って
掌と合わせてクリッカーを鳴らしてご褒美、を、何度か繰り返すことで
覚えてくれます。ウチは「ハイタッチ」で教えてしまったんですが
「イエーイ」とかで仕込むと、見た目おもしろいと思います。


KISS(キス) :キス
サイン:頬(キスしてほしい場所)を指差す
コマンド・キス


これは見ためがかなりカワイイ芸になりますので特におススメです。
犬の鼻先を頬につけてクリッカー&ご褒美を繰り返すと覚えてくれます。
映像ではペロペロしていますが、ジルはゴキゲンな時はペロペロ
しますが、そうでもないときは鼻ツンツンで、基本が鼻ツンです。





できるようになると、可愛さマシマシ。ワンも褒められて嬉しがる。
ぜひトライしてください。

続きを読む

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

犬に芸を教える ~基本前提~

ワンに芸覚えさせたい、って人、多いと思います。
別に多芸にするつもりで飼っていたわけではないんですが
ジル子がウチに来て2年でなかなか芸達者になってきたので、
ウチの実践方法をご披露しようかと思います。イマイチ
オツムが弱いって評判のイタグレでも、やればできるんですよ。




ちなみにウチはオヤツで芸を教えていません。いつものフードで。
基本的にゴハンの時間は学習の時間。時間があればクリッカー
相手をしながらで、そんな時間が無い時は知育玩具から、
という、頭使わないとゴハンが食べられない状況で育ててきたので、
それが功を奏してきたと思う。DOXスクール入れたとき
「賢い子」って言われてましたッ。ちょっとだけうちの子自慢デス。
使わない機能は退化するんで、使わせるようすると出来る
もんです。



映像観てもらえばわかりますが、ジル子は尻尾プリプリ
振っています。ジル子はゲーム感覚で、楽しいんです。
遊んでもらっていると思っていると思う。いつものゴハンの時間を
学習(遊び)の時間に変えてみると、いつのまにかこういうことが
できるようになるので、挑戦してみてください。



ではchibaaaaan家の実践でのコツです。



★犬に芸を仕込むコツその1
犬が疲れている時にレッスン
ドックランで思いっきり走り回った後、なんてときがチャンス。
あいつら煩悩のカタマリなので、「遊びたい」って煩悩を
取り除かれた時は、指示に集中できるんですね。しかも
お腹空いて食べたいから頑張る。



★犬に芸を仕込むコツその2
指示と褒美は明確に
こちらはコマンド躾を紹介した際に詳細書いています。
実践編でコマンドを掲載しますので、OK合図を
このクリッカーにすると覚えやすいと思いますよ。




★犬に芸を仕込むコツその3
「water!」の瞬間を見逃さない
ヘレンケラーとサリバン先生の有名なシーンですが、まさに
あの瞬間がワンにあります。ワンは何を求められているのか
最初はさっぱりわかってくれません。ジル子なぞ、イタグレの
くせに吠え続けるとゆー逆ギレを何度したか・・・。それが
普通ですので、そこであきらめずに同じ動作を繰り返す。
何度も繰り返すうちワンが飼い主が何を指していることなのか、
閃いてくれる瞬間があります。「そうよ、それがwaterよ!」と
感動を伝えて(一般的には褒める)返す。芸ってのは、指示と
行動をワンがセットで理解すること。それにはワンに、
求めていることを閃いてもらうしかない。



★犬に芸を仕込むコツその4
ウケてあげる
閃いてもらったら、その伝え方なんですが、一般的にいう、褒める、
ってのに、私は違和感があって、ワンは、自分のした何かで飼い主の
反応がいいことは敏感に察知して、「めっちゃウケてる!」って
思ったことは、進んでやるようになると実感もっています。ワンは
生まれながらの芸人で、ウケを狙う生き物です。知能は低いが感受性
は高い。指示通りの芸をしたら「あんさん、めっちゃおもろいわ~」
と、肩ポンポンしておおげさにウケてあげましょう。





とゆー、前提に基づき、次、実践編です。

続きを読む

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

森山直太朗の新曲がスゴ過ぎる

衝撃的すぎ。自由すぎる曲。
とにかくスゴイ。


J-POPってなんだっけ???みたいな
ものすごいテーマを突きつけられているような・・・。
これは今を取り巻く音楽業界へのアンチテーゼだろうか?
楽曲のクオリティとゆーか、曲そのもののよさはどこへ?
「検索ワード急上昇」とか、「2ちゃんで話題沸騰」とかとか
宣伝的要素だけを狙ったのか???いや、元が「ブレないズレ」的な
要素の人だから、この人の素直な感性ド直球な曲なのかもしれない。
とかとかとか、動揺してしまうような曲。印象パねぇ。



残念ながら公式試聴が今日現在まだ上がっていないんだけど
ここ数日、少なくとも発売日には上がるはずだから聴いてほしい。
ちょっと、マジ、どうなのよ?って曲なのよ。



12月11日発売AL 森山直太朗「自由の限界」に収録
「どこもかしこも駐車場」


試聴 UNIVERSAL MUSIC
視聴 UNIVERSAL MUSIC公式チャンネル











--------------------------
キターーーーッッ



テーマ : J−POP
ジャンル : 音楽

ダンナとデート

きゃ~~、ふぐの紙鍋~~~。
ふぐ鍋中



きゃ~~、見事な飾り切りの高級中華~~。
(脚のゴボウが超リアルWW)
高級中華中



ウチは外食を全くといっていいほどしない。健康管理の面で
夫婦とも平日はお弁当持参だし、週末の外出は基本ワンコ連れだし、
夜飲みたいから昼ガッツリ食べないし、夜は夜で、ダンナは
風呂入ってからじゃないと飲みたくない、とゆー、ヘンな習性を
もっているし(会社の飲み会ですら銭湯行ってから行く)で、
外食するとなると準備が大事になってしまって、なかなか
いけないんですよね。


なので、ダンナとは月に1度目標、実際は2カ月に1度、二人だけで
飲みに行く日を改めて設けてます。普段の食卓ではお目にかかれない、
ってものをチョイスが基本なので、どこぞかのクーポンに「おっ」
ってなのが出ると、購入しておき、それを使うイメージです。
クーポンは安い。半額とか当たり前だもの、利用しない手はない。
いっぱいあるからお店を厳選で月イチを大事にしてる。


会社帰りの待ち合わせでデート、って結婚前みたいで新鮮です。
家とは座る位置も違うのでそれもそれで新鮮。これね、
結婚したからこそやった方がいいことだと思う。


クーポンで夫婦デート、活用しましょ

テーマ : デート
ジャンル : 恋愛

37歳という年齢

fecebookは仕事繋がり基本の、完全仕事用。
この匿名ブログとはそれぞれから全くリンクしないようしてる。
音楽業界の端くれに居る私は、facebokの繋がりはだいたい
カタカナ業のギョーカイジンか文化人。そのfacebookで
めっちゃシェア&コメントされまくっていたブログ。


私のいる世界


私自身のブログで何度も貧困の連鎖による“デジタルデバイド”について
書いてきた。だけど、「低学歴の世界」って、こういう視点なかったな、
と思う。


------------------------
最近のいろんなお店で起こるおバカな事件とネットの炎上のことで、いろいろ記事読んだ。

「低学歴の世界」って言葉が一番心に残った。

この言葉みた時、自分の居場所ってすとんとわかった気がした。

~(中略)~


ミクシィやフェイスブックは知ってても、インターネット、っていうのは知らない。

携帯やスマホでケータイ小説読んだり日記書いたり写真載せたり動画見たりコメント書いたりしてるけど、でも、インターネット、って知らない。

使ってるのは、携帯だし、スマホだし。

パソコン持ってない人多いし、インターネットはパソコンでやるものだと思ってる。

スマホだって、うちの職場のおばさんたちは、それがなにかちゃんと知ってない。


~(中略)~

こういう大人が、家で子供にインターネット教えれるわけないから。

親も学校もインターネットがなにかって教えてくれない底辺の子供は、インターネットっていうのをどこで覚えられるのか、私にはわからない。




みんな、いろいろ友達とSNSとかはやるし、そのやり方はおしえあうけど、その「友達」の中にだれも「インターネット」を理解してる人がいなければ、その友達はみんな、自分たちはインターネットはしてない、って考え方になる。


~(中略)~


アイスケースにはいるな、って教える親は、どんな世界にもいるわけじゃない。

それを知らないまま育ったDQNが、社会でDQNなことして、炎上してすぐきびしい制裁受けるけど、常識をおしえてくれない大人たちの世界がそのままなくならないんなら、その世界でこれからもDQNが次々育つと思う。


------------------------


シェア&コメントしていた方々は底辺には無縁と思われる。
底辺とゆう言葉ができたのってわりに最近だと思うが、私は
かつては底辺。アレって底辺だったんだ、と後付で自覚したクチ。
このブログの主も書くように、そもそも教えてもらえない
無知なんだから、底辺て呼称使うのは、底辺じゃない人で
底辺は底辺の自覚なんてものはないんじゃないかと思う。
知らないってのは、怖いんだよ。私はたまたまこっち側に
這い上がったけど、そういう這い上がる根性ってのを、案外、
誰もが持ち合わせていないこと、良くも悪くも生まれた環境に
順応性と協調性を持ってみんな同じに年齢を重ねることを、
ずいぶん大人になってから理解した。

人の人生に口出すなんて、大きなお世話なんだけど、かつて
底辺だったがゆえ、無知の恐ろしさが身に染みて、協調性
ありすぎて底辺のまま、このままじゃアカンだろーかと
いう人に、余計なことを言っては溝が深くなっていった。
(底辺じゃないこっち側の人とは違う溝を感じるのだけれど)




ちょっと話が飛びますが、三浦展の「下流社会 第2章」という
本、レビューはめっちゃ不評なのですが、コラムに「37才危機説」
というのがあり、これに背筋が寒くなる感覚がありました。
人生があまりうまくいっているとはいえない人にとって、37才前後
というのは非常に重い年齢って話。37才の前までは
「将来こーゆーことがしたい」という希望(妄想)を
本人も持てるし、世間も許容します。そして、実際に可能。
それが37才を超えると、未来が今の延長線上でしか想像できなくなる。
人生の折り返し点。人生のやり直しがいよいよきかない年齢に
なったとき、希望を失ったフリーターや、ニートたちが、異常な
犯罪に走っても不思議ではない。

前途のブログもこの本もつまるところは同じ話なのよ。
あまり将来に展望がそもそも持てなかった時代しか知らない
30代前半未満達が“不幸なまま37才になった頃”ってのを
この本は憂いていて、このブログの主はまさにそんな渦中の人で、
ネットを炎上させる数々の人も、あれもこれも根っこが同じ話
だと、無用に脱力感を感じた。底辺に誰がさせたんだ。底辺じゃ
ないところに誰が導いてくれるんだ。



ああ、あの人に伝えたい。
でも伝わらない・・・。




そして私自身も自戒せねばだおおお。
いつまでも甘んじてたら、それなりの未来になる。
ヤバい、ヤバい、折り返し37歳。




下流社会 第2章  なぜ男は女に“負けた下流社会 第2章 なぜ男は女に“負けた
(2007/09/14)
三浦 展

商品詳細を見る

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

プロフィール

chibaaaaan

Author:chibaaaaan
下記のようなことを様々やってます。
本当のプロフはchibaaaaan私事でね。

検索タグ用ですが、下記の内容をカテゴリ別に書いてます。
イタリアングレーハウンド イタグレ ヤッコ 海水魚 クイーンエンゼル マクロスス ソハールサージョンフィッシュ ロックビューティ アズファー ヤイトヤッコ ヒレナガハギ 水槽 オーバーフロー DIY リフォーム インテリア グリーン 花 個人輸入 結婚生活 仕事 共働き DINKS 音楽 ライブ デザイン 手作り おうちごはん 料理 酒 ワイン 家呑み 銃 猟 ライフル 狩猟 ダイビング 船 船旅 区分所有 マンション管理組合 マンションコミュニティ 管理組合役員












メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

chibaaaaan家不要品一掃セール中
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク